沿革

沿革

沿革

← 左右にスクロールして御覧ください →

日本食塩製造株式会社

日本精塩株式会社

大蔵省専売局の委託を受け、塩浜製塩株式会社を継承し設立。
生産方式:海水混和再製、加圧式蒸発法

1949年

生産方式を天日塩淡水溶解、真空式蒸発法を採用

1954年

会社設立【資本金125万円】

1969年

資本金1億円に増資

1978年

特殊製法塩の製造販売開始

1979〜83年
特殊製法塩の製造販売開始

天日塩、粒塩の製造販売開始

1985、86年

粉砕洗滌工場完成

1996、97年

塩専売法が廃止され、新たに塩事業法が施行

1997年

増資(資本金2,540万円)

1998年

天日塩家庭用小物製品 製造販売開始
首都圏主要スーパーとの取引開始

1999年

ISO9000シリーズ認証取得

2000年

品質保証体制の確立(ISO9001認証取得)

特精特納塩、製造販売開始、せんでき設備の増強

2001年

トレーサビリティーシステム導入

2002年
トレーサビリティーシステム導入

トレーサビリティシステム導入、
波の華(粗粒・精粒)製造販売開始

トレーサビリティシステム導入、波の華(粗粒・精粒)製造販売開始

サンソルト、ソーラソルト等新商品製造工場完成及び
製造販売開始、ソーラソルト貯塩場完成

2003年

トラックスケール設備設置、ソーラソルト工場、にがり製造工場完成、
高純度塩化ナトリウム、浄水処理適用塩シリーズ製造販売開始

2004年

4号倉庫新設・パレット洗浄設備新設

2005年

彩塩販売開始

彩塩販売開始

医薬品製造許可(GMP)取得

2007年

添加物製造許可認可

食用塩公正取引協議会加盟

2008年

食用塩公正取引協議会加盟

洗滌包装ライン増設

2012年

ハラール認証取得

2015年

ハラール認証取得